メンバープロフィール

 トランペットセクション


井上 洋介  BAND LEADER  lead trumpet SECTION LEADER

第2代目のレアサウンズリーダー。三十代に仕事でなかなか練習参加出来なかった分
中年真っ盛りの今、バンドの責任者として頑張っています。仕事有っての趣味活動。
「仕事をしっかりした後のレア」を合言葉に、バンドを引っ張っていきます。



荒川 裕哉  2nd trumpet

次世代を担うレアサウンズの若手トランペッター。
高齢化著しいレアサウンズにあって、いろいろな意味で新風を巻き起こしてくれる逸材。
今日もまた若々しい音色で多くの中年、老年メンバーに刺激を与える。



岡地 洋二  3rd trumpet

県立高校世界史の教師。高校では随分長い間吹奏楽の顧問を経験してきたお陰で
こと細かいフレーズに関してはメンバーから一目おかれる存在にある。
コンサートでの女生徒から飛び交う黄色い声が羨ましい!



松崎 元昭  愛知ビッグバンド連盟会長  4th trumpet

彼がこの4番ラッパに座る事が、レアサウンズラッパ隊の最高の強みであるといっても
過言ではないほどに、重厚な音作りに一役を買う。
加えて看板ソリストとして、活躍する傍ら、ハイエース走らせ、楽器運びにも汗を流す。


 トロンボーンセクション


堀 庸一 bass trombone

外科医師の彼がいる限り、バンドは健康は保たれているかと思いきや、
自身が今では数少なくなったバンド内喫煙者の一人。
それに加えて、案外風邪をひくことが多いような気がするのは気のせい?
でも大阪から根性で通う姿は美しい。



早川 拓郎 tenor trombone

今年から正式入団のニューフェイス。社会人1年目で、
一気にバンドの平均年齢を下げている。
正に息子のような彼だがアドリブにも果敢にチャレンジする姿には早くも風格が漂う。



庭山 浩一 tenor trombone

他のバンドでも活躍する彼だがバンドマスターの熱烈ラブコールに負けて
今年から正式入団。
普段は練習熱心な好青年だが、飲むとおネエキャラが
炸裂することが発覚。
どちらかと言うと地味だったTbセクションに強烈な個性を
吹き込んでいる。
それにしても見事なもみあげ。
リスペクトするはルパン三世か高見山大五郎か・・・。


 サックスセクション


新美 雅浩  CONCERT MASTER  Lead Alto saxophone SECTION LEADER

あのリッチ−・コール氏より頂いた称号がなんと「デビル」。
今ではライブ会場でも「デビル!」との茶色い!掛け声がかかる。
なにより、アメリカ西海岸ミュジシャンにもそれは知れ渡り、
かのエリック・マリエンサル氏にも恐れられている!とか!!



渋谷 誠  譜面整理担当  2nd tenor saxophone

バンド財産でもある譜面の管理を一手に引き受ける。
ただ、何処のバンドでも同じであろうが、
集めても集めても、なぜかたりないパートがあったりして苦労は続く。
その分?看板ソリストとして、共演者とのバトル率ナンバーワンである。



酒井 志穂  衣装担当  3nd Alto saxophone

かれこれ「うん年」紅一点で頑張る衣装部長。
勝手な事ばかり言う体型不均一なおっさんたちを相手に、
衣装を決めるのもそろそろ手慣れてきた。
あれが良いだの、これがいかんだのと、言わせるだけ言わせて、
とっとと決める所は流石である!



井本 裕二  広報担当  4nd tenor saxophone

バンド内恋愛で結婚をし、奥さまもメンバーとの繋がりが深い。
ところでそろそろ奥さまがバンドに復帰するとかしないとか。
そうなると、彼の息つく場所が無くなってしまったりなんかして。
折角の冴え渡るソロも、迷いのソロにならなければ良いが・・。



林 幸平  MC (看板司会者)  5th bariton saxophone

バリトンサックスとマイクを交互にライブでは大活躍の彼。
故初代リーダーがMCをしてくださっていた、その後継者として大きく育ってくれました。
ライブでは、彼の司会を楽しみに来るお客さんもいるとか。勿論プレーも熱いです!


 リズムセクション


古込 和男  会計幹事  Guitar

任せて安心なる会計幹事。取り立てもクールで厳しく、言い換えれば容赦無し。
昨今の振込め詐欺には心を痛める一人。何と言っても振込め詐欺が、
古込詐欺に聞こえてならないらしい。
定年退職されてからは奥様と「おばんざいキッチンさくら屋」を経営。
あっ、ギター弾いてます。



高橋 善雄  Piano

出世して、責任と体重が重くなり、忙しい毎日を送る彼。
そんな中、這ってでも練習に駆けつける熱血ぶりは、流石である!
年始には、そんな彼を慕い集う後輩と共に、豪邸で開く新年会はたいそう豪華だとか。
流石太い腹・・もとい、太っ腹。



緒方 武志  Bass

建設会社社長。言い換えれば土建屋のおやじ。
堅気な職人を毎日相手にしているだけあって、
やたら芯が強いのはいいのだが、譲らない頑固さは、並大抵ではない。
日本酒とキノコとベースがあれば、あとは何も要らない。




鈴木 孝宜 Drs

歴史が積み重なったレアサウンズに新しいリズムという風を吹き込んでくれる青年ドラマー。
いつ何時もヘッドホン越しに音楽を聴き続けリズムを刻む勤勉な姿勢は音楽好きというより
体の一部がドラム化していると言っても過言ではない。彼により刻まれ、生まれ変わる
レアのリズムに期待が高まる。



 サポートメンバー


飯野 光 Percussion

正規メンバーではないもののライブとなれば駆けつけて演奏を盛り上げてくれてます。
3rdアルトの酒井志穂がラテンつながりで連れてきてから頼りにされまくってます。
ラテンナンバーは彼のパーカッションがないとテンションが上がらない!!